バイト履歴書の写真!スーツでバシっときめると◎な職種3選

バイトの履歴書の「写真」は合否の判断に大きく影響します。せっかくの面接なので履歴書の写真はスーツでバシっと決めたいですよね。どんな職種だとスーツの写真がいいのでしょうか?

今回は、スーツで写真を撮影した方が良い職種 について紹介します。

スポンサードリンク

バイトの写真がスーツがおすすめな職種

男性 (2)

接客サービス職

接客やサービス職はスーツで写真撮影したほうが良いでしょう。接客やサービス職は見た目が重視されます。スーツは無難な服装で、清潔感があり好印象なので、スーツで撮影しましょう。

事務職

事務職は間違いなくスーツで写真撮影したほうが良いでしょう。特にオフィスワークの事務職はスーツで仕事する企業が多いのです。清潔感のあるスーツ姿で写真が撮影できればバシっと決まります。

営業職

営業職も間違いなくスーツで写真撮影したほうが良いでしょう。営業職でも外回りをするような営業職は実際にスーツで仕事をすることが多いはずです。バシっとスーツで決めましょう。

スポンサードリンク

バイトの写真がスーツがおすすめではない職種

セクハラ

販売職(アパレル)

アパレルの中でもファッションブランド系の販売職はセンスが重要だったりします。「面接は私服で来てください。」というブランドもあるくらいですから、スーツが履歴書に使う写真を撮影するのが絶対におすすめというわけではありません。

あなたが応募するブランドイメージにあわせて対応したほうが良いです。

履歴書に使う写真の服装で重要なこと

説明

よく「TPO」といわれる、時(time)、所(place)、場合(occasion)に応じた服装などの使い分けが重要です。

基本的にスーツが無難といわれていますが、状況によって使い分けらられるようにしましょう。ファッションブランドの販売職のようにスーツより個性が重視させるバイトであれば、そのバイトにあわせた服装をした方が良いでしょう。

またスーツでもスーツでなくても共通しているのが、「清潔感のある身だしなみであるか?」ということです。襟元がヨレヨレだったり、色使いが派手な衣装は避けましょう。

まとめ

写真まとめ

履歴書の写真は、「事務職」か「営業職」であれば絶対にスーツでバシっときめて撮影しましょう。一部例外的にファッションブランドや求人条件で「スーツ以外で面接参加」と記載している会社があれば、スーツではなく私服の方が良いでしょうが、原則的に履歴書の写真はスーツで間違いないです。

清潔感のある身だしなみを心がけて、スーツでバシっと撮影に臨んでくださいね。
▶️その他「バイト履歴書の写真」の情報はこちら

スポンサードリンク

夏に短期で稼ぐならリゾートバイト!



暑い夏休み、憧れのリゾート地で短期集中してガッツリ稼ぐことができるリゾートバイトはたくさんの出会いもあり、旅行気分も味わえる、若者に超大人気のバイトです。