現役ドトールコーヒーのバイトが教える本当の評判と口コミ

実際にドトールでバイトをしている私が、ドトールのバイトでのリアルな感想や面接時のこと、仕事内容などを全てお伝えしていきます。

【1】ドトールのバイトの評判と口コミ

ドトールでバイトしている高校一年生の女子です。

私は都内の駅前のドトールで8ヶ月ほどアルバイトをしています。バイトをするのも初めてな私は正直初日はかなり不安でした。覚えることも多かったし、全てが初体験なので必死でメモをとったことを覚えています。
しかし1週間くらいでだいぶ雰囲気に慣れてきて仕事が楽しくなってきちゃいました!私の店舗はたまたま高校生がいなくて学生は私一人でしたが、社員の人はすごくかわいがってくれますし、失敗しても怒られることがないので本当にそこはドトールにしてよかったと思える点です。

私以外の人で、ドトールのバイトをしている人の口コミも紹介しておきますね。

ドトールで働く人達の口コミ

容量が悪い人は向かない仕事(高校生/男)
とにかく仕事量が多い。容量がよくないとなかなかやっていけない仕事だなと思いました。客としていくならいいかと思います。あとは忙しいわりに稼げない。割に合わない!と、いつも不満でした。口コミでは、まさに賛否両論半々といった印象でした。というのも、ある人は忙しくても覚えるほど楽しくなってく!とコメントしている一方で、忙しくて割に合わなくて大変!と言っている人がいるからです。
時給に見合わないバイト先(フリーター/男)
僕は大変でした。時給の低さに見合わない仕事量うちの店は1時間に50人ほど、ピークの際は70人ほどが入る店舗ですが2人で店を回すことを要求されたりします。また新人さんの育成も雑でこちらに丸投げ。2人でレジフードドリンク洗浄全てやっている時に当然トレーニングをしてあげられるような余裕もなく、新人さんは何も分からないまま次のシフトを…なんて悪循環にも陥ります。

ドトールのバイトに対してネガティブな評価をしている人は忙しいのが嫌なんですね。たしかに覚えることが多いし、忙しい時間帯もあるのでのんびりバイトしたい人には合わないかもしれません。

気づけば4年!長続きするバイトです(大学生/男)
高校1年生からずっと続けて早くも4年が経ちますが仕事を覚えてしまえば楽しくて仕方ないアルバイトです。人間関係にも恵まれているし、お客様にも恵まれているし、いいことづくしです。最初の一、二ヶ月は何も出来なくて自分に苛立つけど、先輩や店長、社員に褒められたり、お客様から有難うを言ってもらえた時はやりがいを感じました。
コーヒー研修が楽しい!(大学生/女)
元々コーヒー好きなのでコーヒー豆についても詳しくなれるし、美味しい物を提供出来るようのはうれしいです。セミナー、研修があるので参加するほどスキルアップに繋がって、楽しくなってきます。最初は大変かも知れませんが、慣れるほど仕事が楽しくなる環境だと個人的に思っています。
やりがいを求めるなら絶対ドトール!(高校生/女)
私はオープニングで入ったので最初から全部の事を覚えないといけなかったので結構大変でしたが全然つらくなかったです。新しいことを覚えることはすごく楽しいし、刺激的でした。しかもコーヒーに関する知識など根本的な所から教育されます。しかしそれが嫌な人は難しいかもしれないです。バイトも一緒に店舗を作り上げていくというかんじでやりがいがあります。

やりがいを感じれるから長続きしやすいバイトとして評価されています。私も高校生の間はずっとドトールでバイトし続けると思いますし、毎回楽しさが増していきます。バイトにやりがいを求めたり、長くバイトしていきたいという人にはドトールはかなりおすすめですね。

ドトールのバイト求人を探す

【2】ドトールの面接・服装・志望動機

ドトールの面接で重要視しているのは、清潔感とハキハキ感と信頼度です。服装はもちろん生活感のある格好で行ってください。
高校生の私は二つ結びに制服で行きました。スカートはいつもより長めの膝上くらいにして、Yシャツのボタンも締めてきちんとした印象を与えられるように工夫しました。

① 面接で見られるところ「清潔感」

ドトールは飲食店なので清潔感は1番大事ですよね。バイトがフードやドリンクも作るから髪の毛が入ったり、食中毒などが起きたら店側は大変です。なので第一に清潔感が一番大事なのです。

ポイント!!
面接では髪を束ねて前髪が目にかからない、爪は短く切っておくなどが必要!

② 面接で見られるところ「ハキハキ感」

さらに接客業でもあるドトールはハキハキ感も重要視しています。
ドトールのバイトはどのポジションにいても声を出すことが多いので、ハキがない人は面接に受かるのが難しいかもしれません。
ドトールは面接の時の質問に何を答えるかよりも、元気があって笑顔もあるかを見ているので、逆にそれさえできていれば受かる可能性は十分です。

ポイント!!
面接ではハキハキ喋って!質問に困っても笑顔で返答すれば大丈夫!

③ 面接で見られるところ「信頼度」

ドトールはもちろん現金をさわるので信頼度も大事です。
しかもレジは古いタイプのものなので、現金をごまかされるのも簡単です。だからこの人にお金を任せても大丈夫か?というところも絶対に見ています。
面接では嘘や誇張を言わずに、正直に答えてください。

ポイント!!
面接時には相手の目を見て信頼を得よう!嘘やオーバー発言は厳禁です。

【3】ドトールのバイトに受かるための志望動機とは

履歴書に書く志望動機ですが、これは正直なんでもOKです。(笑)
これは形式的なものであってそこまで重要視されていません。よっぽど変なことを書かなければ志望動機なんてみんな差はないので^^;

「以前こちらに訪れた際にお店の雰囲気が気に入りました。」
「ドトールで働いてみたくて、家の近所で探していたところこちらの店舗がありました。」
この程度で全然OKです。

【4】ドトールの求人を探す

ドトールは全国に1000店舗以上あるので家の近くのドトールを探してみましょう。こちらのマッハバイトから申し込むとマッハボーナス2000円がもらえますのでおすすめです。

ドトールのバイト求人を探す

【5】ドトールでバイトする前に知っておきたい情報

茶髪/ピアス/ひげ 店舗によっては全てOK
制服/靴 制服支給/靴は自前で用意(ローファーがベスト)
時給 ¥940〜¥1200
交通費 全額支給
給料日 15日締め25日払い
シフト 2週間に1回提出
働ける時間帯 オープン(7:00)〜お昼過ぎ(14:00)
お昼過ぎ(14:00)〜ラスト(21:00)
夕方(17:00)〜ラスト(21:00)
高校生 OK
まかない あり(店舗によっては無料)

*店舗によって内容が異なることがありますので参考程度に。

① ドトールの髪などの身だしなみについて

ドトールは基本的に身だしなみよりも清潔であるかどうかを問います。例えば茶髪にピアスが許されても、爪が伸びていたり、髪をおろしていたりするのはNGなわけです。私は髪色が金髪ですが、何も言われたことはありません。

しかし、爪や髪を束ねたりすることは怠りません。そうすると店側は何も言いません。厳しい店長だと髪色やヒゲまで言われるかもしれませんが・・・。

② ドトールの制服について

こちらがドトールの制服になります。男女ともデザインは一緒ですね。

制服は完全支給で、清潔感のあるYシャツにストライプのベスト、腰にサロンを巻いて黒いパンツスタイルです。足元は黒い靴かローファーがベストです。私は通学にローファーを履いているのでドトールのバイトの時も同じローファーを履いて働いています。

胸元に自分の苗字が入った名札をつけます。

③ ドトールの時給・給料日・交通費について

ドトールは時給が低いと言われていますが、時給アップ制度があるので長期でバイトを考えている人にはおすすめです。交通費も全額支給で、遠方から来ていた人もいましたがそれでも雇ってもらえてますし、交通費もちゃんと往復支払われています。

ドトールのバイトにはランク(★のバッジ)があり、★の数ごとに時給がアップしたりします。ある日突然★のバッジを渡されるのでびっくりした記憶があります。私は当初よりも時給が50円アップしました。ちなみにドトールが無料で提供しているコーヒー研修にいくと、この★が増えていきやすいです。

④ ドトールのシフトについて

融通が利くので、テスト期間や体調などに合わせてシフトを変えられるのも魅力一つだと思います。シフトも2週間ごとの提出なので先の予定を考えなくても大丈夫です。朝と夜はやる仕事内容が全然違うので、朝メインか夜メインか決めておくといいかもしれません。

⑤ ドトールのまかないについて

ドトールではミラノサンドなどのパンがまかないとして食べられます。しかも自分のオリジナルで作ったものを食べれたりとおいしいものを発見できます。私は基本的に自分がオーダーミスで作ってしまったサンドや、賞味期限が切れそうなものを使ってミラノサンドをアレンジして食べています。

しかもドトールは休憩がしきりにあるので、ドトールの好きなドリンクが飲み放題なのも嬉しいです(笑)中でもココアがめちゃくちゃ美味しくてお気に入りです。

ドトールのバイト求人を探す

【6】ドトールのバイトがやる仕事内容

ドトールのバイトの仕事内容は大きく分けて3つです。

  • 洗い物・ラウンドチェックの担当
  • フード・ドリンク・仕込みの担当
  • レジ打ち・会計点検・ドリンクの担当

① 洗い物・ラウンドチェックの担当

ドトールでのバイトの最初の頃は洗い物からスタートします。お客が棚にカップや皿を置きにきてくれるので、それを全て洗います。
洗うと言っても、洗浄機があるので軽くゆすいで洗浄機の中に入れるだけなのでどんなアホでもできます。
あとはラウンドチェックです。店内のテーブルを拭いたり、ゴミを拾ったり、トイレを掃除したりしてお客さんが快適に過ごせるように店内を見て回ります。

② フード・ドリンク・仕込みの担当

洗い物に慣れてきたら、次はドリンクを覚えさせられます。ドトールのドリンクはホットとアイス合わせて40種類近い商品があります。最初は覚えるのが大変かもしれませんが慣れるとなんてことありません。
さらにドリンクを覚えるとフードを任されます。ドトールのフードメニューはモーニングを合わせて15種類です。これも多いと思われるかもしれませんが既成品を焼くだけなども多いので、ミラノサンドの作り方さえ覚えてしまえば案外フードの担当はやりがいを感じます。
仕込みはお客さんが引く時間帯に合わせてやるのであまり忙しくは感じないと思います。

③ レジ打ち・会計点検・ドリンクの担当

フードやドリンクが完璧になったら最後はレジ(お金)を任されます。レジは商品のボタンを押すだけなので非常に簡単です。
お釣りを渡し間違いさえしなければ一番楽なポジションです。3時間に1度レジの売上金を計算する役目もあります。ちゃんとレジのお金と現金が合っているかどうかを確認して記録する作業です。経験上、ピッタリ合うことは意外と珍しいものなのです。。。
レジに慣れてきたら、お会計とドリンクを同時にやることもあります。ドリンクの人が忙しかったらちょっとお手伝いをするような感じです。

【7】ドトールでバイトするデメリットとメリット

高校3年間ドトールでバイトしていた私が感じたドトールでバイトするメリットとデメリットをお話しします。

① ドトールでバイトするデメリット

  1. バイトが終わると全身がタバコとコーヒー臭くなる
  2. 居酒屋などに比べて時給が低い
  3. 朝の時間帯は忙しい

私が感じたデメリットはこんなかんじですが、多くの人が気にしているのは朝の時間帯がとても混み合って大変なことだそうです。
それからその忙しさに見合う時給をもらえてないなど「割に合わない」という意見が多くありました。しかしデメリットよりもメリットの方が大きいので気にならないというのが私の意見です。

② ドトールでバイトするメリット

  1. まかないが無料!おいしいドリンクやミラノサンドを毎日食べれる
  2. コーヒーのことに詳しくなれる。コーヒー豆の講習に参加することもできる
  3. 足元はローファーなので学校帰りのバイトに最適
  4. 仕事を覚えると時間を忘れるほど楽しくなる
  5. お酒を提供するお店と違って変なお客さんが来ない
  6. 間違えてもなかなか怒られることがない
  7. オペレーションガイドがあるので仕事の内容を忘れても大丈夫

ドトールは覚えることが多い半面、一度覚えてしまうと逆に忙しい方が好きになってきます。どんな人でも覚えられる内容ですし、最初はできなくてもすぐにできるようになるので安心してください。

他のカフェ(例えばスタバなど)よりははるかに規則が緩いというのも一つのメリットです。高校生のバイトが多い分、あまり厳しいことも言われずにマイペースに仕事ができるところも魅力的です。

ドトールのバイト求人を探す

夏に短期で稼ぐならリゾートバイト!



暑い夏休み、憧れのリゾート地で短期集中してガッツリ稼ぐことができるリゾートバイトはたくさんの出会いもあり、旅行気分も味わえる、若者に超大人気のバイトです。