シンプルで上質なインテリアが揃う!『ケユカ』バイト内容と評判

シンプルで心地よい雑貨や家具やカーテンが多数そろうインテリアショップのKEYUCA(以下:ケユカ)。中にはカフェと併設の店舗もあり、とくにライフスタイルに興味のある女性たちに人気のお店です。

そこで今回はケユカのアルバイトの内容と評判についてご紹介したいと思います。

photo by star athena

ケユカの基本情報

※以下の数値はあくまで参考です。店舗によってデータが異なることもありますのでご了承ください。

時給の目安 ¥950 〜 ¥1,100
年齢層 10代〜40代
男女比 男性30%:女性70%
高校生
稼げる度 ★★☆☆☆
出会える度 ★★★☆☆
肉体労働度 ★★☆☆☆
面接難易度 ★★☆☆☆
専門知識度 ★★★☆☆
身につくスキル コミュニケーション能力がアップする
おすすめポイント インテリアの知識やセンスがアップする

総合評価:★★★☆☆

「シンプル&ナチュラル」がコンセプトで、大部分のアイテムがが自社開発商品であるのインテリアショップ、ケユカ。シンプルで上品、上質で機能的でありながら、他にはなかなかないデザイン性が魅力で若い女性を中心に人気を集めています

店舗は関東を中心に全国に50店舗以上を展開するほかネット販売でも購入することができます。

アルバイトは主に販売スタッフを募集しており、雑貨販売と家具・カーテンのスタッフの主に2つんポジションがあります。とくに家具・カーテンに関してはある程度の専門知識を求められるため、日々接客の中で商品知識を身につけたり自分で勉強するなどして成長していく姿勢は大切です。(採用の段階ではもちろん専門知識は必要とされませんが興味を持っていることや勉強していこう、という前向きな姿勢は大切です)

 

時給は950円位〜が平均的。

面接では基本的なマナーが重視されるため、身だしなみは清潔感のある服装を心がけ、質問をされたら一つ一つ丁寧にきちんと答えるよう心がけましょう。実際に売り場に立っているイメージまで膨らませられるように、自分も魅力を伝えられると良い結果を得られるでしょう。

ケユカの仕事内容

ケユカのアルバイトには大きく分けて以下2つのしごとがあります。

  1. 雑貨販売スタッフ
  2. 家具・カーテン販売スタッフ

1. 雑貨販売スタッフ

雑貨販売スタッフは生活雑貨の販売を行うスタッフです。

生活雑貨の種類もさまざまですがタオルや時計などの小物類、スリップやギフト用品など幅広く扱うため、採用されたらまず一通りの商品知識が必要となります。

始めは覚えるのに苦労することもあるかもしれませんがもともと雑貨やインテリアが好きであれば楽しいながら知識を増やしていける環境で、やりがいも感じるでしょう。

2. 家具・カーテン販売スタッフ

家具・カーテン販売スタッフは、家具やカーテンなどの接客販売を担当するのが多なお仕事です。商品の数も多いので始めは一通りの商品を把握してそれぞれの特徴をつかむのに苦労するかも知れません。

しかし実際に現場に立ちお客様にすすめられるようになってくると、仕事のやりがいも感じられるようになります。また働きながらインテリアの知識やセンスを磨いていくこともできます。

ケユカで働くメリット・デメリット

それでは続いてケユカでアルバイトをする上での、メリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

メリット

  1. コミュニケーション能力がアップする
  2. 基本的な接客マナーが身につく
  3. インテリアの知識やセンスがアップする

ケユカのアルバイトは日々さまざまなお客様に対応するため、まずコミュニケーション能力がアップするというのがメリットです。

とくに家具・カーテン販売スタッフはお客様によって好みやオーダーもさまざまで、その都度柔軟に応えていかなければなりません。そのためお客様の立場に立って「その方にとって最適な商品を探そう」という心構えで接客していくうちに、ますます会話力や対応力がアップしていきます。

また基本的な接客マナーが身につくというのも良い点だと言えます。

 

ひとくちに接客といってもいろいろありますが、とくに家具などを扱う場合一人一人のお客様としっかり話す機会が多いため社会人としての基本的なマナーが欠かせません。始めは難しいかも知れませんが意識して実践していく中で身についていくことでしょう。

もう一つはインテリアの知識やセンスがアップするということです。これは仕事柄、自然に身につけられるものですが自分で興味を持って情報収集をしたり勉強する中でさらに深い知識やセンスも身についていきます。

デメリット

  1. 覚えることが多くて苦労することも
  2. お客様からのクレームに対応するケースも

デメリットはある程度の専門的なインテリアの知識が必要とされるため、覚えることが多くて苦労するということです。

商品の種類も多い上にそれぞれに型も微妙に異なるため一通りの商品を理解するのはなかなか難しいですが、まずはポイントを抑えてお客様にわかりやすく商品の魅力をお伝えできるように心がけると良いですね。

もう一つはお客様からのクレームに対応するケースも比較的頻繁にあるということです。

クレームの種類は接客態度などに対するものではなく主には「商品が思ったものと違った」などといったことです。家具やカーテンはこうしたクレームが生まれやすいので、そういう意味でも日頃から商品知識を磨き接客力を上げていく努力が必要とされます。

ケユカの口コミ・評判

それでは最後に、実際にケユカで働いた人の体験談を紹介します。

オシャレでインテリア好きの人が多かったので勉強になりました。自宅でもレイアウトとか結構こだわる人たちが多く(お客さんん中にもそういう人はもちろんいます)話してるだけでもなるほど〜!って勉強になりますよ。

そういう意味では僕はもともとインテリアとかにあまり興味のない方だったけど仕事しているうちにカーテンとかソファの知識がついて良かったです。

接客のお仕事はお客さんと直接話していろいろとおすすめできるのが楽しいです。とくにお客さんが明確に「こういうのがほしい!」と思って来店された場合でも自分の意見や他の商品の魅力などをお伝えすることで「やっぱりこっちにします」と言ってもらえる時はやりがいを感じますね。

基本的に立ち仕事で接客するのでなかなか体力がいりますよ。ずっと混んでるってわけではないのである意味楽といえば楽ですけど、その間に自分なりに家具の特徴とか勉強する姿勢は大事なんじゃないかと思います。

結構マニアックなお客さんもいるので対応は重要。難しいことを聞かれてもなるべく答えられるように日々勉強してます。

インテリアの勉強になる職場なので、家のことにも役立ちますし良いです。レジも担当したりしますが基本は接客なので少しでも良い感じでおすすすめできればいいと思い、家具雑誌にも目を通すようになりました。

昔はパラパラとページをめくっていただけだったのに最近は熟読ですね(笑)。

体力勝負の仕事に近いと思います。とくに男性の方はバックヤードからの家具の持ち運びもあるので力仕事は結構ありますよ。でも女性が意外と多いでこれを女性が担当することも。

腰が弱い人などは難しいかもしれませんね。

ケユカのアルバイトはもともとインテリアが好きな人が多いようで、さらにインテリアセンスを磨きたいという人も多い印象でした。

また接客によっては人によって心がまえが違う印象もあり、向上心のある方はお客様に喜んでもらえるように日々勉強している一方で「ただ好きなものに囲まれていたい」という気持ちが強く受け身な態度で売り場に立っている人もいるようです。接客にのぞむ姿勢は本人次第と言えそうですね。

まとめ

以上今回はケユカのアルバイトの内容と評判についてご紹介いたしました。

インテリア好きが多く集まっており働きながら知識を身につけたりセンスもアップできそうなケユカのアルバイト。自分に合いそう!とピンときた方はぜひこの機会にチェックしてみてください。

夏に短期で稼ぐならリゾートバイト!



暑い夏休み、憧れのリゾート地で短期集中してガッツリ稼ぐことができるリゾートバイトはたくさんの出会いもあり、旅行気分も味わえる、若者に超大人気のバイトです。