職人多し!パン屋のバイト面接に合格する服装と身だしなみ

あなたはパン屋のバイトの面接では、どんな服装が良いのか迷ってはいませんか?パン屋はファッションセンスはまったく必要ありません。パン職人によって成り立っているところがほとんどです。

今回はあなたのために、パン屋のバイト面接に合格する服装と身だしなみを紹介します。 2分程で読める記事なのでぜひ確認してみてください。

スポンサードリンク

オシャレはいらない!清潔感をチェック!

ポロ

パン屋のバイト面接の服装は、業務内容に関係なく、「清潔感のある服装」が重視されます。私服のセンスを問われるわけでも、スーツでビシッとしなきゃいけないわけでもありません。

清潔感のある服装にするために、以下を参考にチェックしてみてください。

  • アイロンをあててビシッとしている服装
  • ブカブカで体型にあってない服装はNG
  • ダメージジーンズや裾が擦り切れたパンツはNG

清潔感があって爽やかな服装は面接官の印象が良くなります。ファッションセンスは求められていませんから、清潔感のある服装を着用しましょう。

スポンサードリンク

パン屋の身だしなみ

身だしなみ
パン屋のバイト面接では、身だしなみに注意してください。

髪の毛

まず、髪は清潔感のある身だしなみの印象を決定づけます。髪型はボサボサにならないようにピシッと整えましょう。

男性は前髪が長ければ整髪料で整え爽やかな髪型に整えてください。女性は肩にかかる長さであれば、後ろで束ねてまとめてください。

髪の色についてはパン屋によって違いますので募集要項を確認してから面接に行きましょう。ただし金髪などはパン屋にふさわしくありません。できるだけ黒に近い色にすることをおすすめします。

爪は短く揃えてください。爪を短くしていないと清潔ではありませんからパン屋で働けません。面接官は清潔感があるか爪をチェックしていますから、面接の時には短く切ってあるか確認してください。

もちろん女性のネイルは禁止です。パン屋でバイトをしたいならネイルはあきらめてください。

アクセサリーやメイク

パン屋のバイトでは仕事中にアクセサリーは着用できません。面接の時はピアスやネックレスは外しておきましょう。もちろん香水は禁止です。

女性のメイクは、接客にふさわしいナチュラルメイクにしてください。チークやアイシャドウはできるだけ薄めにしてください。

まとめ

まとめ

パン屋のバイト面接の服装は清潔感があって爽やかな服装にしましょう。あなたが迷っているなら清潔感のある白いシャツを着用しましょう。シワなどはアイロンでしっかり伸ばすのを忘れないでくださいね。

また、身だしなみはパン屋で働く人たちは職人が多く、アクセサリーをジャラジャラつけていたり、派手なメイクを嫌う傾向がありますから、細心の注意を払ってください。

 

また服装や身だしなみに注意するのはもちろんですが、大事なのは面接の内容です。

こちらでパン屋のバイト面接でよく聞かれる質問や解答例を紹介しています。
参考: 早朝勤務はできる?パン屋のバイト面接の質問とその解答例

 

清潔感のある爽やかな服装で面接に行けば大丈夫ですから、自信もってあなたの熱意をアピールしてくださいね。

 
▶️その他「バイト面接の服装」の情報はこちら

スポンサードリンク

夏に短期で稼ぐならリゾートバイト!



暑い夏休み、憧れのリゾート地で短期集中してガッツリ稼ぐことができるリゾートバイトはたくさんの出会いもあり、旅行気分も味わえる、若者に超大人気のバイトです。