履歴書の職歴欄の疑問②:ダブルワーク(バイト掛け持ち)の場合

新しくバイトでダブルワークをしようと履歴書を準備していたら「職歴の書き方が分からない…」と思ったことありませんか?

「ダブルワーク(バイトの掛け持ち)」は履歴書の職歴欄にどう書けばいいのでしょうか?

スポンサードリンク

職歴欄のダブルワークの書き方の例

ハウツー

ダブルワークにもいろいろなパターンがあります。

  • 既に他のバイトをしていて、もうひとつ掛け持ちでバイトに応募する場合
  • 昼間は正社員の仕事で土日や夜にバイト応募する場合
  • 過去に掛け持ちでバイトをしていた場合

今回は、多い上記3つのパターンの書き方を紹介します。

既に他のバイトをしていて、もうひとつ掛け持ちでバイトに応募する場合

職歴欄に、既にアルバイトをしていて、まだ続けていることが分かるように書きましょう。

    バイプロプロダクション アルバイト入社  現在もアルバイトスタッフとして在職中

こう書くとバイトをしていることがわかります。

掛け持ち

またダブルワーク希望としっかり伝えられるように、「志望動機」にダブルワーク希望ということを書くと、面接担当者もわかりますよね。

スポンサードリンク

昼間は正社員の仕事で土日や夜にバイト応募する場合

職歴欄に、正社員として勤務しているをしていることを伝えましょう。

    バイプロ商事株式会社 入社  現在 正社員として在職中

こう書くと正社員で在職していることがわかります。

正社員

またダブルワーク希望としっかり伝えられるように、「志望動機」にダブルワーク希望ということを書くと、面接担当者もわかりますよね。

面接時には、正社員で所属している会社で副業やダブルワークで働くことは問題ないのか?問われると思うので正直に状況を伝えましょう。

過去に掛け持ちでバイトをしていた場合

職歴欄に、過去バイトを掛け持ちしていたことを伝えましょう。

    バイプロショップ アルバイト入社  (2016年3月までの約3年間勤務)
    バイプロ出版 アルバイト入社  (2014年3月までの約6ヶ月間勤務)

こう書くと入社日と在籍期間が分かるので、必然的にダブルワークをしていたことがわかります。

ダブルワーク

時系列でしっかり説明したい人は、

    2013年4月 バイプロショップ アルバイト入社
    2013年9月 バイプロ出版 アルバイト入社
    2014年3月 バイプロ出版 退職
    2016年3月 バイプロショップ 退職

こういう書き方でも問題ありません。
どちらも正しい書き方なので、あなたの状況に合わせて書いてください。

 

ダブルワークの書き方に決まりはない

規則

履歴書の職歴欄は、一般的に最終学歴後の正社員を書く欄として知られていますが、近年はいろいろな働き方がありますので、「こうでなければいけない!」というものはありません。

ダブルワーク、掛け持ちは、いまの時代は珍しいことではありません。大事なことは「面接担当者に伝わりやすいのか?」ということです。

ダブルワーク希望であることを履歴書に書くべき3つの理由

悩む

ダブルワークを希望していることを履歴書に書いておいた方があなたのためにもいいでしょう。その3つの理由を紹介します。

1. やる気があることが伝わる

そもそもダブルワークをやろうとしている人は、経済的な理由でがんばらなければいけない人が多いので、雇用する側としては、「一生懸命働いてくれるだろう」と評価が高いはずです。

ダブルワークをしたいという人に、仕事のやる気がない人は、これまであまり見たことがありません。

2. 融通が利く

雇用する側としても応募者の状況を理解できることで、融通が利きやすくなります。

例えば「もうひとつのバイトの方は土日や祝日に忙しいだろうから、逆に平日しっかり働いてください。」という会話ができたら信頼関係が構築できているので、いざという時には融通が利きやすくなりますよね。

3. 確定申告時にコソコソしなくていい

確定申告するのは、「所得税を払い過ぎている」か「所得税を払い足りない」のどちらかです。ダブルワークの場合は例外を除き、「所得税を払い過ぎている」可能性が高いです。

いずれにしても確定申告はしないといけないので、源泉徴収表を勤務先からもらって処理しないといけないのですが、この時にコソコソすると怪しまれます。

いまどきバイトでダブルワークを許さないところはほとんどないと思うので、正直に履歴書に書きましょう。

まとめ

まとめ

ダブルワークをしていたこと、もしくはダブルワークを希望していることは分かりやすく履歴書に書きましょう。

またダブルワークを希望している場合は、それぞれの職場にも迷惑をかけないように書いたほうが良いです。

書き方にこだわるのではなく、面接担当者が分かりやすい職歴欄にすることを重視してくださいね。

 
▶️その他「バイト履歴書の職歴欄」の情報はこちら

スポンサードリンク

夏に短期で稼ぐならリゾートバイト!



暑い夏休み、憧れのリゾート地で短期集中してガッツリ稼ぐことができるリゾートバイトはたくさんの出会いもあり、旅行気分も味わえる、若者に超大人気のバイトです。