バイト面接の電話が怖い!電話連絡で緊張しない3つのコツ 

「友達に電話するのは大丈夫なんだけど、バイトの面接の電話は緊張しちゃって怖い…。」こういう人が多いようです。友達でもなく、知らない人にいきなり電話で話すのは緊張しますよね。

そんな人のために、電話で緊張しないコツを紹介しましょう。簡単にできますからぜひ実践してみてください。

スポンサードリンク

電話連絡で緊張しない3つのコツ

ポイント

1. メモを書いて見ながら電話をする

電話で緊張してしまう原因は、突然予想もしていなかったことを言われた時に、うまく返せないことが原因です。あらかじめ自分の言いたいことと、聞かれそうな事をメモに書き出してみましょう。

例えば、自分の言いたいことで多いのは、「面接の時間を変更したい」とか「服装について確認したい」などですね。面接の時間を変更したいのであれば、

  • なぜ変更したいのか
  • いつにしたいのか

をしっかり言えるように準備しておきましょう。

メモを書いて見ながら電話をする参考例

×月×日の×時に面接を予定させていただいているのですが、急遽△の予定が入ってしまったので、面接の時間を変更していただきたいです。わたしの希望は×月×日の×時か、×月×日の×時です。

このようにメモを見ながら電話すれば、あなたは電話で緊張することなく、伝えたいことが伝えられるでしょう。

スポンサードリンク

2. 深呼吸してから電話する

深呼吸

電話がつながる前に、「ふぅー。」と大きな深呼吸をしてリラックスして電話しましょう。はじめて話す人と電話するのは、誰でも緊張するものです。まずは深呼吸をしましょう。

緊張状態にあるのは、あなたの身体は自律神経の交感神経が優位になっています。しかし深呼吸をすると交感神経の働きが弱まり、副交感神経の働きが強くなりリラックスした状態になります。つまり深呼吸をすると身体がリラックスした状態になるので、緊張がほぐされるので、電話もしっかりできるでしょう。

3. 第一声を大きな声で「もしもし!」と言う

電話

大きな声を発すると自然とあなたの身体の緊張がほぐれ、会話がしやすくなります。逆にあなたの身体が緊張状態にあると、声が小さくなってしまうでしょう。緊張状態が高まれば高まるほど、自然と超えは小さくなってしまいがちです。

つまり第一声で大きな声で元気良く声を出すと、落ち着いて話ができるはずなので、「もしもし」を大きな声で元気良く言ってみましょう。

まとめ

電話

どうでしょうか?緊張せず電話できそうですか?電話連絡で緊張しない3つのコツは、

  1. メモを書いて見ながら電話をする
  2. 深呼吸してから電話する
  3. 第一声を大きな声で「もしもし!」と言う

です。これで緊張はほぐれ、あなたは伝えたいことが伝えられるでしょう。

バイトの面接の結果の電話は緊張すると言うより、面接の結果が怖いという人は考えてもしょうがないです。考えたところで面接の結果は変わりません。

バイトをはじめたら、いろいろなお客様と電話することが多くなります。緊張しないで電話できるように3つのコツをマスターしてくださいね。

スポンサードリンク

夏に短期で稼ぐならリゾートバイト!



暑い夏休み、憧れのリゾート地で短期集中してガッツリ稼ぐことができるリゾートバイトはたくさんの出会いもあり、旅行気分も味わえる、若者に超大人気のバイトです。