美術館のバイト面接に合格する服装や身だしなみのポイント

美術館のバイト面接にはどういう服装で行けば良いか迷っていませんか? 募集要項に「私服OK」と書かれていたら余計に迷いますよね。

こんな時のために美術館のバイト面接に合格する、服装や身だしなみのポイントをお伝えします。

3分程度で読める記事なので、ぜひ確認してみてください。

スポンサードリンク

面接の服装は基本的にスーツがおすすめ

迷う

まずはあなたが見ている募集要項を確認しましょう。募集要項に「面接は私服でお越しください」や「面接はスーツ以外でお越しください」と記載されているか確認してください。

服装について何も書かれていない場合

服装の指定がなければ、ビシッとスーツを着用して行きましょう。美術館は格式高い雰囲気があるため、ラフな服装だと逆に目立ちます。

神奈川県にある美術館のバイトをしていた人の話によれば、面接の服装は何も指定がないので、「この美術館は服装や身だしなみに厳しく、面接に来る人もほとんどがスーツを着用していた。」とのことです。

バイトの面接とはいえど、基本的にはスーツを着用した方が無難ですよ。

面接は私服でお越しくださいと記載がある場合

募集要項に「面接は私服でお越しください。」という記載があったらみなさん迷うと思いますが、少し冷静になってください。

美術館のバイトスタッフには、多少センスについて求められることがあるようで面接官はその服装から、いろいろな情報を読み取ったりするそうです。美術系の大学生は、やはり服装に特徴があるようで、面接官はそういうところを見たいのでしょう。

ただし、あえてリスクを冒すようなことはしない方が良いです。美術館のバイト面接ではブラウスにカーディガンを羽織るようなコンサバ的な服装にしましょう。

間違っても、露出の高い服装やヒールの高い靴などはやめましょう。

美術館のバイトの面接では、服装や身だしなみももちろん大事ですが、面接の内容がしっかりしていれば合格します。「面接は私服でお越しください。」という言葉につられて、派手な格好は避けた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

美術館のバイトの身だしなみ

髪型

美術館の仕事でも、清潔感のある身だしなみが求められます。特に髪型は特に注意しましょう。男性は短髪で、整髪料で髪を整えましょう。女性は肩にかかる長さであればひとつに結ぶか、お団子のようにまとめましょう。

金髪やネイル、カラコンや香水などは募集要項で禁止されているか確認ください。基本的には美術館はホテルのような接客をするので、身だしなみには厳しいと考えたほうがいでしょう。

細かいことは美術館によって違いますが、基本的には身だしなみは「清潔感のある身だしなみ」をしましょう。

アクセサリーなどもバイトの面接の時は外しておいたほうがいいですね。

まとめ

まとめ

美術館の面接は、基本的にスーツで行くのが正解です。ビシッと決めて面接に行きましょう。

ただし美術館によって「面接は私服でお越しください。」と言われる美術館もあるようなのですが、オフィススタイルに近い、ブラウスにカーディガンを羽織るような服装が無難です。

カジュアルすぎる服装は美術館では浮いてしまいますので、注意してください。

 
▶️その他「バイト面接の服装」の情報はこちら

スポンサードリンク

夏に短期で稼ぐならリゾートバイト!



暑い夏休み、憧れのリゾート地で短期集中してガッツリ稼ぐことができるリゾートバイトはたくさんの出会いもあり、旅行気分も味わえる、若者に超大人気のバイトです。