映画館のバイト面接の服装|面接官経験者が語る服装のコツ

映画館のバイトは人気で、募集人数も数名のようです。どうやったら採用されるのでしょうか?

大手の映画館でバイトの面接官をしていた経験ある、Hさんに話を聞かせてもらいましたが、バイトの面接で採用される人は「あるコツ」をしっかり抑えているようです。どういうコツなのか気になりますね。

今回は、Hさんに教えてもらった映画館のバイト面接に合格する「服装のコツ」を紹介します。

スポンサードリンク

面接の服装はスーツでも私服でも問題ない

迷う

Hさんが言うには、映画館のバイトの面接では「スーツ」でも「私服」でもどちらでも良いとのことでした。

正社員の面接はスーツですが、アルバイトの面接では2割がスーツで、8割が私服のようです。多い時は1ヶ月で50人以上の面接をしていたようですが、スーツだから採用しやすいということもなく、服装はあまり関係ないとのことです。

映画館のバイトの面接でチェックしていたこと

Hさんは映画館のバイト面接で以下3つポイントをチェックしていました。

  • 明るく元気で清潔感がある服装である
  • 礼儀正しく接客の仕事に向いている
  • 出勤してほしい時間帯に出勤できる

服装でいえば、スーツや私服はどちらでも問題ないですが、その人が「清潔感があるのか?」ということはしっかりチェックしていたとのことです。

清潔感は重要ですね。スーツでも、私服でも、清潔感のある着こなしは、印象が良いです。逆に清潔感のない人は、接客に不向きなので採用は見送られますよね。

映画館のバイトの面接の服装は「スーツ」でも「私服」でもどちらでも良いですが、清潔感のある服装で面接に行きましょう。

スポンサードリンク

面接官の視点|服装でNGのポイント

面接

清潔感がない服装とは、どういう服装なのでしょうか?HさんにNGポイントを教えていただきました。

  • 靴が汚い
  • ヒゲが汚い
  • 髪が整っていない
  • 爪が長い
  • ズボンの裾が擦り切れている
  • シャツがシワシワだったり襟元が伸びている
  • ダメージジーンズを履いている
  • カバンを持っていない
  • カバンの中身がグチャグチャっぽい

特に「爪が長い人」と「靴が汚い人」は面接しても、元気もないし、接客に不向きの人が多い傾向があるとのことです。

バイトの面接に合格する人は、爪は短く、靴はもキレイにしているようで、そういう人は元気で礼儀正しいのですね。注意しましょう。

服装よりも面接の内容が大事

虫眼鏡

面接の服装が良くても印象が良いだけで、採用されるとは限りません。

映画館のバイトで採用されやすいのは、「土日働けるか」、「礼儀正しいか」、「明るく元気な挨拶ができるか」、「接客に向いているか」の条件が満たされていないと、清潔感のある服装でも不採用になります。

服装も大切ですが、挨拶や礼儀などの接客に向いているか、という面接の内容が、合否の判断になりますので、礼儀や挨拶には気をつけたほうがいいですね。

まとめ

まとめ

映画館のバイトはとても人気なので、服装にも注意しましょう。スーツでも私服でも、大事なのは「清潔感のある服装」です。

映画館のバイト面接で採用される人は、清潔感のある服装です。今回紹介したNGの服装を参考にして、清潔感のある服装で面接に行きましょう。

また、服装よりも「接客に向いているのか」という面接の内容が重要です。挨拶はもちろんの事、接客に向いていることをしっかりアピールできるようにしましょう。

映画館のバイト面接で聞かれる質問はこちらで紹介しています。参考にしてください。

参考: 礼儀が大切!映画館のバイト面接でよくある質問とその解答例

 
▶️その他「バイト面接の服装」の情報はこちら

スポンサードリンク

夏に短期で稼ぐならリゾートバイト!



暑い夏休み、憧れのリゾート地で短期集中してガッツリ稼ぐことができるリゾートバイトはたくさんの出会いもあり、旅行気分も味わえる、若者に超大人気のバイトです。