要確認!レストランのバイト面接でよくある質問とその解答例

レストランのバイトの面接は、どんな質問をされるのでしょうか?不安になる人も少なくありません。せっかく面接をするのだからこそ、万全な準備を整えましょう。

今回は、レストランのバイトの面接でよくある質問を紹介します。確認して準備してください。

スポンサードリンク

レストランのバイトの面接でよくある質問と解答ポイント

ポイント

なぜこのレストランで働きたいと思ったのですか?

    以前に利用したことがあり、料理もおいしかったし、スタッフもとても優しかったので、このレストランでバイトをしたいと思っていたところ、求人情報をみつけたので応募しました。

ポイント:以前利用したことがあるなら、その時の良い印象を伝えましょう

バイトの面接で志望動機に多いのが、「以前利用したときに良い印象だった。」という理由です。無難な志望動機ですし、面接官からすると、「お店の雰囲気を分かっているんだね。」と安心できるでしょう。

特にレストランでは、接客の印象が良かったというのは高評価に繋がりますので、覚えておきましょう。

ホールとキッチンのどちらが希望ですか?

    調理が好きなのでキッチンを希望しますが、状況によってホールもできるスタッフになりたいです。もし希望が通らなかったとしても、任された仕事を全力でやりたいと思います。

ポイント:希望がなければ、何でもやるという熱意をアピールしましょう

希望があればアピールしたほうが良いですが、「なんでも任されたことは全力でやりたいと思います。」という前向きな姿勢は高評価ですからアピールしましょう。

接客の仕事をしたことがありますか?

    以前はカラオケボックスで接客の仕事を6ヶ月していました。忙しい店だったのですが、先輩がとても優しくして指導してくださったので、接客に必要な礼儀や振る舞いは身についていると思います。それをこちらのレストランでも活かせればと思っています。

ポイント:接客の経験があればアピールしましょう

接客経験があればバイトの面接でアピールできます。どのぐらいの期間、どういう経験を通じて、どんなことをが身についたかを説明できれば、より説得力が増しますので、「礼儀や振る舞いは身についています。」というようなことを言えると良いでしょう。

前のバイトをやめた理由を教えてください

    カラオケボックスの仕事は勉強になることも多かったのですが、引っ越ししたのを機にやめました。

ポイント:ケンカやクビになったなどのことは言ってはいけません

前のバイトを辞めた理由はよく質問されます。「引っ越しをしたので辞めた」「テストで忙しくなった」「時給があまり良くなかった」というような理由であれば正直に言っても問題ありませんが、「社員とケンカをしてやめた」や「クビになった」ということはそのまま伝えるのは良くありません。

ケンカをするような人や、クビになるような人を採用したいと思いません。

「学業と両立できなくなった」という無難な理由にしておきましょう。

スポンサードリンク

週にどのぐらい働きたいですか?

    平日は18時以降であればいつでも出勤できます。土日もできるだけ多くの時間を働きたいと思っています。繁忙期や欠員がでた時は、緊急の出勤要請をいただければできるだけ協力したいと思います。

ポイント:お店の状況に合わせて勤務調整できることをアピールしましょう

レストランでは、予約がたくさん入ったりして急に忙しくなった時に協力してくれるアルバイトは、重宝されます。

出勤に関して協力的な人は採用したくなりますので、お店の状況に合わせて勤務調整できるのであればアピールしましょう。

いつごろから出勤できますか?

    いますぐにでも働きはじめられます。

ポイント:熱意があると思われるので、もし即日働けるのであればアピールしましょう

熱意があると思われるので、もし即日働けるのであればアピールしましょう。

勤務開始が「1ヵ月後」だとあまり良い印象ではありませんん。嘘をついてもしょうがないので正直なことをいったほうが良いのですが、普通は「来週からであればいつでも大丈夫です。」というのが多いです。

通勤時間はどれぐらい?

    電車を使って10分で通うことができます。○○駅から○○駅まで電車で約3分で、○○駅から自宅まで徒歩5分前後で行けます。

ポイント:しっかりと説明できるようにしてください

勤務地から自宅までの時間や交通手段を、しっかり説明できない人に接客業は勤まりません。「計ったことがありません」ということは絶対に言ってはいけません。お客様に説明するかのように丁寧に説明しましょう。

スタッフが悪ふざけをしてSNSで発信した事件をどう思いますか?

    ニュースで見て愕然としました。お客様が「どう感じるのか?」を考えられない人がやってしまったと思うのですが、謝って済むことではないと思います。

ポイント:やってはいけない行為ということをハッキリ言いましょう

アルバイトは遊びではありません。ニュースにもなるような悪ふざけは、謝って済まされるものではありませんので、面接でこのようなことを聞かれたら、きっぱりと、そのような悪ふざけはやらないことを誓いましょう。

あなたから質問ありますか?

    質問ではないですが、レストランの仕事は笑顔でキビキビ働くことが重要だと思いますが、わたしは接客の経験もありますし、笑顔に自信があるので、ぜひ採用してください。

    がんばりますのでよろしくお願いいたします。

ポイント:質問がなければアピールをしましょう

面接の最後に、「あなたから質問はありますか?」と聞かれます。何かアピールをしましょう。

熱意を伝えることが重要なので、採用されたら「わたしは役に立ちます」ということをアピールするのが良いでしょう。

まとめ

まとめ

しっかり面接の準備をしておきましょう。もしレストランに行ったことがなければお客さんとして利用して、お店の特徴をつかむと面接も有利に進められるので、一度利用することをおすすめします。

レストランのアルバイトに求められるのは、接客に向いているのか、礼儀正しい振る舞いができるのか、勤務調整が協力的か、というところを重点的にチェックされます。しっかりアピールできるように準備しておいてください。

 
▶️その他「バイト面接の質問や解答例」の情報はこちら

スポンサードリンク

夏に短期で稼ぐならリゾートバイト!



暑い夏休み、憧れのリゾート地で短期集中してガッツリ稼ぐことができるリゾートバイトはたくさんの出会いもあり、旅行気分も味わえる、若者に超大人気のバイトです。